気功と依存症の克服 その3 うつや引きこもりの克服

更新日:

宮沢先生:はい、皆さんこんにちは。

坂本さん:こんにちはー

宮沢先生:今日はですね、強烈な博打依存症、20数年の苦しみの中から見事立ち上がった 坂本勇作君 を紹介します。

彼がどうしても鬱症の貴方に、引きこもりの貴方に、どうしても伝えたいことがあるそうです。

 

是非聞いてみてください。楽しみに聞きましょう。それでは、よろしくどうぞ。

 

坂本さん:こんにちは、メンタルサイエンス気功師の坂本勇作と申します。僕は20数年以来のギャンブル依存症と言う形で、ずっとその闇の中にいました。

 

ずっとそのギャンブルを止めれなくて、色んな問題を起こしてやって来たわけなんです。その中でやっぱり自己否定、自分を否定するといった、その負のスパイラルに陥ってしまいました。

 

鬱であったり、引きこもりっていうか、状態もたくさん経験したんです。

 

そこである時、こちらの宮沢気豊先生と出会って気功を学んでいく中で、徐々にその自分に自信を取り戻して、今日ほぼ完治に至るというような、すごいまぁ嬉しい状況なんです、今。

 

今は本当にもう自分の中で、すごく幸せを感じている状況なんです。

宮沢先生:そこで誤解の無いように僕から一つ。

坂本さん:はい。

 

宮沢先生:僕の気功を二年間習ってくれたんですよね。それでね、ギャンブル依存症が治ったわけではないんです。

 

坂本さん:ははは

 

宮沢先生:治ってないんです。

坂本さん:はい。

 

宮沢先生:それで約一年ほど旅に出て、そして自分で自己変革して帰ってきたんですね。だから僕は何の力にもなってないような気がするんですけどもね。

 

ただ、今の勇作君の言い方だと、なんかね、僕に気功を習ったから僕は博打依存症から抜け出れましたみたいな。

 

坂本さん:はははは

宮沢先生:嘘です嘘です。

僕はもう何の力もなくて、二年間も教えたにも関わらず、ちっとも治らなかったんですね。それで、悩みのまま、貴方を旅出たせた。まぁそこまでは僕からの弁明としてしておきます。

 

ただし結果的に治ったからひょっとして何か影響があったかな?その程度です。僕が考えるのは。

坂本さん:気功は大前提として、自分の心のベースを置いた上で「自分自身で、自分を変える事に成功した」と言う事が正しい答えかも知れませんね、はい。

 

宮沢先生:さっきも言ってましたね、、全ては自己否定が根幹だって言ってましたね。これって素晴らしい事だと思うんだよね。おそらく引きこもりや鬱になってる人って、

 

もう僕は一年半精神科に通いながら勉強した事もあるんですけれども、もう間違いなく自己否定が強烈なんですよ。

坂本さん:はい。

宮沢先生:自己否定の上に色んな事象があって、するもんだから少々良い事があってもね、根底が自己否定ですから、また元のスパイラルに戻るんですよ。

 

坂本さん:そうですね。

 

宮沢先生:それをずーっと繰り返してるのがね、はい!今、私は鬱だと思っている貴方なんです。貴方がやってることなんです。

 

これ、変革するのそんなに難しいわけじゃないんですよ。うん。だけど、、じゃあ、めちゃくちゃ簡単か?そうでもないんですね。

 

結構微妙なとこなんですが、ただ問題は貴方自身です。

 

貴方が本当に治りたいって思ってれば、意外と簡単に治ります。だから僕はね、恐らくね、勇作君が20数年同じスパイラルを繰り返してた時にね、本当に治りたいとは思ってなかったんです。

 

坂本さん:はい。

宮沢先生:なんか自分の逃げ場を見つけることの方が大事じゃなかった?

 

坂本さん:そうですね。はい。

 

宮沢先生:そこで自己否定があって、こんな事している自分は「ブー」って言い続けてたんです。その「ブー」をやめて自己否定しなくなった途端に、何か霧が晴れるみたいに解決したんじゃないかと僕はそういうイメージです。

 

合ってますか?

 

坂本さん:合ってますね。その自己否定を止めて、自分の自己肯定感と言いますか、自信と言うものをドンドンとプラスに持って行くっていう作業。

これがやっぱりミソになるんじゃないかなと思うんです。

 

宮沢先生:それもね皆、ここで面白いのは、僕が成功したらね、自己肯定感が生まれるんだと思ってるわけよ。

 

失敗したから自己否定感が生まれたんだと思ってるだよね。僕はなんだか違う様な気がするんですよ。そこはね。

 

自己肯定感と言うのは、自分が良かろうが悪かろうが自分を否定しない。

それってね、すっごい、度胸のいる事なんですよ。

 

坂本さん:そうですね。はい。

 

宮沢先生:例えば、引きこもりしている自分を肯定しなきゃいけないから、これってすごい勇気がい事。

 

ちょっと成功してる自分を肯定するのは、これは誰でもできる。だけど、失敗して落ち込んでアウトになってる自分をね「うん、これでいいんだ」って「自分は自己肯定ができる」って言うのはかなり度胸がいる事。

 

だから今回の自分の戦いはね、病魔との戦いはね、かなり度胸がいった事だと思うんだよね。それをやってのけたから、今は完全治癒して、もう「いや、僕はもうギャンブル依存症だったんですよー。パチンコ止められなくてねー、親泣かせましてね、もう犯罪者すれすれまでになりまして」

 

ってアウトプット出来るんだね。

 

だからそれは自己否定感がなくなったからですよ。勇作君に。

今でも、もし自己否定感持ってたとしたら「いや、僕は鬱だったけどね、犯罪者になるようなことはしてません」

 

坂本さん:はははは

宮沢先生:絶対そうなる。

 

坂本さん:はい、そうですね。

宮沢先生:普通そうでしょ。

 

坂本さん:やっぱりそこで、まだ自分を判断してる。

宮沢先生:そうそう、ジャッジしてるよね。だからそこまで行きましたよって平気で言う。ある意味でね、僕もそうです。

いやー、会社いくつも潰しましたよとね、カミングアウトできると言うことは、自己否定してないんですよ。

 

坂本さん:そうですね。はい。

宮沢先生:会社は潰したけど、潰した俺もOK。

そして若干金儲けした時期もあるし、成功した時期もあるけどそれもOK。

 

全部が自己肯定から始まってる。これって大事だよね。

坂本さん:はい。

宮沢先生:うん。いやいや今日は勇作君ね本当に、一口だけのしゃべりだったかも知れないけど、すごい事を僕自身が勉強さしてもらって。

 

これから僕、講座でこれ言いますから。

 

坂本さん:わかりました、よろしくお願いします。

 

宮沢先生:これはいいですね。

 

坂本さん:僕もサポートして頂いたので。

 

宮沢先生:僕が言うよりも勇作君が言う方がずっと効果ある。

さて今日の自己肯定、これめちくちゃ難しいですけど、とにかくいっぺんやけくそになってやってみましょうよ。

 

ねぇ、引きこもりの人。うん。やけくそでも自己肯定しちまう、我々はいいんだ、これでいいんだってね、引きこもって自分もOK。全部OKだしちゃう。それってすごい事ですね。

 

坂本さん:僕たちに会っていただくのが一番いいんですけどね。

 

宮沢先生:まぁね、そういう事だね。

坂本さん:ご自身で自己肯定できなかったら、僕たちが承認してあげるっていう作業ができますからね。

 

宮沢先生:これでね、僕もねこれから気功の講座、もう本当に鬼に金棒でね、自分連れまわして、もっともっと素晴らしい講座ができるような気がします。是非ご期待ください。

坂本さん:ご期待ください。

 

宮沢先生:では貴方に会う日を楽しみにしています。よろしくどうぞ、ありがとうございました。

 

坂本さん:またお会いしましょう。

宮沢先生:はい、よろしくどうぞ。

気功師 宮沢気豊


”一家に一人、癒し人を”

こんにちは、宮沢 気豊です。

私は、気功師歴 50年以上になります。

ここ10年で、800人以上のお弟子さんに恵まれました。

気功を知らなかった方でも、誰でも気功師になれます。その技術を編み出しました。

そして、全国のドクター、整体師、鍼灸師、セラピスト、カウンセラーや医師の方々にも気功をお伝えしています。

気の伝授、伝導率は100%です。

病気やうつ、引きこもりなどの相談にものっています。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

-気功の変革 依存症の克服 
-, , ,

Copyright© メンタルサイエンス気功協会 宮沢気豊 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.