気功による鬱の解消とは?

投稿日:

こんにちは、気功師の宮沢気豊です。

 

僕は毎週、心療内科に通っています。薬をもらいに?笑。違いますよ、講演やセッションをしています。

れば知るほど鬱難民の多いこと、、、

 

そもそも  うつ病なんて 存在しないのにね!!

 

でも私『鬱だと診断されました!」「鬱はあります!!」という人いますよね。

 

 

鬱はあなた自身のものではありません!

 

貴方を取り巻く 人間関係の中に生まれた、うっとーしい!という感情にすぎません。

 

これ誰のものでもないのに、あなたは「鬱なんだ」と思ってるんじゃなくて思わされているんです

 

例えば、子供の頃に、こんな経験をしなかったですか?

 

くしゃんとくしゃみをしたら、心配性の母親がおでこに手を当てて

「あっ熱があるかも、こりゃ風邪だわ。これ飲んでおきなさい。」と風邪薬

 

「いいよー、そんなもん。」の否定も無視されて

「風邪なんだから、飲みなさ~い!」と無理に飲まされた。

 

すると、なんだか体がだるくなって眠くなる、、、

「あーやっぱり僕風邪なんだ、、、。」と自覚する。

 

友達と遊びたいのに、風邪にされて寝ることになり、、、でもあの時本当に、体だるくなったし。

 

本当に風邪だったのかどうか?今でもわかりません。

 

 

ということで今日は鬱の特効薬について検証です。

 

特効薬というと薬をさしますが、どうも鬱の特効薬はいわゆる薬ではないように思います。

 

原因を探れば明確です。

 

鬱を作り出したのは  人間関係

 

すなわち   です。

 

それを直せるのもまた   です。

 

人は光 、人は愛が本質です。愛と光の人を見つけよう!なんて言うとどこにいる??????

 

ということになり、ブッタかキリストでも探せってか、、、無理だ、と居直りたくなりますね。

 

あなたのうつを改善できるのは科学や、医学ではないと言い切ることはできないが<治る方もそれなりにいるようです〉

 

少なくとも今、病院に通えども通えども治らない、、、を10年も繰り返してる人には

 

あなたのうつを改善できるのは   人   ですと言い切ってもいいでしょう。

 

じゃあ、どんな人なのか?このテーマは難しいけど、選ぶのはあなたです。

 

同情して慰めてくれる人

あるいは共感してくれる人 あ

るいは厳しくしかる人?????

 

あっっ、書いてるうちにひらめきました!

 

貴方に共感してくれる人

 

これだ!ただし自分は鬱だと自覚してる人ではありません。どのジャンルに自分に共感してくれる人を見つけるか?これがあなたの特効薬探しのヒントです。

 

 

私の提案ですが、取り敢えず ドクターがいいでしょう。貴方に共感してくれる。そして大切なのは、貴方が共感できるドクターです

 

少ないかもしれませんが、必ずいます。

 

貴方が共感できるドクター!必ずしもドクターに限定する必要もありません。

 

それが心理カウンセラーであれ、鬱に対するスキルを持ってる方なら職種にこだわる必要はないです。

 

さぁ、探しはじめましょう!!

 

あなたの鬱の特効薬。貴方が覚悟決めれば 必ず見つかるはずです!!

 

覚悟!とは、命を的に決心することです。

気功による心と体の癒し

このページに興味を持って読んでいただいてるあなたはもうすでに鬱の解消への扉が開かれ、心と体の癒しが始まっています。

 

現代生活における 物資の充実、利便性、有り余る情報、それと引き換えに人々はなにを失ってしまったのでしょうか?

 

心の病める人のなんと多いことでしょうか!!それらは解決を見ないまま、国が悪い、社会に問題があるなどとネガティブな意見しか生みません。

 

結果 うつ、引きこもり、果ては自殺まで、、、精神症状は数えたらきりがありません。

 

 

心療内科あるいは精神科の投薬治療で、本当に根本治癒したのか?心の問題を対症療法で治すという矛盾の中で解決するのは難しいです。

 

 

うつや統合失調症等の精神疾患では、投薬治療では治るどころか悪化する例のほうが多いです。これらの症状の方には共通する問題があります。

 

それは「心のおうち」がないということです。

 

家族とうまくいかない夫(または妻)に愛されない。家の中で、居場所がない。

 

どんなに人間関係でトラブルを抱えていても、「心のおうち」をちゃんと持っている方は病むことはありません

 

その「心のおうち」を作ってあげる、それがメンタルサイエンス気功の心療気功です。

 

気功の世界で一番の根源である「気」とは「意識」のことです。

 

気絶している人を見て、「気を失っている」

意識が戻った人をみて、「気が付いた」

と言いますね。

 

すなわち気とは意識そのものです。

 

私たちの体は物理的要素よりも、この意識という目にも見えないものの影響を大きく受けています。

 

だから「病気」、気が「病む」といいますね!この「意識の証」を観る、すなわち心の在り方を観る ということが心療気功の診断ということになります。

 

東洋医学の中に「証」を観るという観察技術があります。これは その人の体質や状態を東洋医学的に捕えたもので、これを見極めることが大切です。

 

漢方医などの療法家は常にその患者になりきってこの「証」を観ます。

 

気功の施術の基本「もし私がこの人だったら」の心の置き所が、まさに療法家による「証」を観ると合致します。

 

この「証」は時間とともに変わります。

 

こんな感じがするからこうしてみようと療法師の東洋医学的知識と一緒になって考える、直感と気で観る、そして今までの治癒例の経験則をフル活動させる、経験医学なのです。

 

意識の「証」を見極め、「意識の変革」というメンタルサイエンス気功の最も得意なスキルを用いて改善へ導きます。

 

「心療気功」により精神症状が改善されるポイント

・まず当協会の気功サロンがその方にとっての「心のおうち」となり、常にリラックスした状態でセッションを受けていただきます。

 

当サロンは常に気功師の「気」のエネルギーで満たされておりますので、気功師とその場を「共有」するだけでも治癒が始まっていきます。

 

・気功術を用いて患者さんの「意識の証」を観て、問題点を探ります。

 

・セッションの中で具体的にその方に「氣」を送り、精神面と体調面の両方からケアするとともに、対話セッションで、「意識の変革」の仕方をお伝えします

 

・そのセッションを3か月の9回のセッションをじっくり行うことによって、改善効果がさらに高まります。

・そのセッションのカリキュラムもその方との対話の中で、その方にあったオリジナルの内容に組み立てますので、どんな症状の方でも対応致します。

 

ともかくメンタルサイエンス気功の根幹は「気」とは「意識」なり! です。

 

意識の変革がこれらの精神症状を根本的に改善させます。

気功のすべてのスキルと 体験測を活かし、「意識の証」を観る心療気功は今までにないものです。

 

今までの気功施術による治癒症例を多く体験し、それを精査し、改善して完成させました!!

 

まずは健康相談会を個別で、1時間半 5,000円で開催しております。

 

気軽にお問い合わせだけでもいいので、メッセージをください。

お問い合わせ・お申し込み

気功師 宮沢気豊


”一家に一人、癒し人を”

こんにちは、宮沢 気豊です。

私は、気功師歴 50年以上になります。

ここ10年で、800人以上のお弟子さんに恵まれました。

気功を知らなかった方でも、誰でも気功師になれます。その技術を編み出しました。

そして、全国のドクター、整体師、鍼灸師、セラピスト、カウンセラーや医師の方々にも気功をお伝えしています。

気の伝授、伝導率は100%です。

病気やうつ、引きこもりなどの相談にものっています。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

-気功による鬱の改善
-, , , , , , ,

Copyright© メンタルサイエンス気功協会 宮沢気豊 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.